三菱UFJ銀行バンクイックへテレビ窓口からの契約申込

メガバンクの三菱UFJ銀行には一般個人向けのカードローンとして「バンクイック」があります。

通常、銀行のカードローンというのは当該銀行の預金口座を所有していることが条件になっていますが、バンクイックは口座の所有が条件に入っていません。

従って、カードローンのために新たに口座を増やす必要がありません。そのバンクイックの特徴と言えるのが、自動契約機である「テレビ窓口」です。

テレビ窓口の利用

テレビ窓口はその場でローンカードが発行される自動契約機ですが、消費者金融のものとは違って専用の個室に設置されているわけではなく、ATMコーナーと簡単な仕切りで分けられているだけです。ただ、テレビ窓口はカードローンの申込専用の機械ではないため、周りの人から何の手続きをしているのかは分かりません。

なお、消費者金融同様、本人確認書類(運転免許証か健康保険証、パスポート)の持参が必須であり、特にバンクイックは本人確認書類が運転免許証以外の場合はその場でカードが発行されず、郵送での受取になります。

テレビ窓口での申込手順

テレビ窓口の申込手順は以下のようになります。
1.画面上の「スタート」ボタンを押します。
2.次の画面で「カードローン(バンクイック)」を押します。
3.画面に「新規申し込み」・「ご契約手続き・カード受け取り」・「カードの受け取り」の3つのボタンが並んでいます。

「ご契約手続き・カード受け取り」はインターネットから申込手続きを済ましている場合に使い、「カードの受け取り」は契約まで終えている場合に使います。全く初めての手続きの場合は「新規申し込み」ボタンを押します。

4.持参した本人確認書類を選択します。バンクイックの利用方法などの説明が順次画面に表示されます。
5.最後に、「申込受付シート」が発行されてきます。シートに必要事項を記入し、スキャナーに読み取らせます。

オペレーターとの確認作業

すべての処理が終わると、テレビ窓口に女性オペレーターが映し出され、確認作業が行われます。

始めに、本人確認書類をスキャナーにセットするように指示され、その後簡単な質問があります。

質問の内容は名前や生年月日、借入金の使途、居住年数、会社名、勤続年数、健康保険の種類、給料日などです。なお、なりすまし防止のためか、生年月日は年号だけではなく、西暦や干支でも答えさせられます。

確認作業が終わると審査に入り、30分程その場で待機していると審査結果の案内があります。審査に通っているとカードが発行されます。

まとめ

事前にバンクイックのホームページから申込をして審査を受けておくと、テレビ窓口での手続きが数段早く終わります。

バンクイックの契約手続きにおけるメリットは三菱UFJ銀行の預金口座が必要ないことであり、口座開設の手間が省ける分、より早く借入ができます。

ただし、預金口座への振込キャッシングや、預金口座からの返済金の引落しは三菱UFJ銀行の口座が必要です。