カードローンの返済方式は「残高スライド方式」

カードローンは自由に借入を繰り返せるため、返済方式に関しては毎月一定の金額を返済する「元利均等リボルビング払い」が一般的になっています。

常に返済金額が一定であるため、返済計画を立てやすいというメリットがあります。

ただ、借入額が増加した場合の元利均等リボルビング払いの欠点が指摘されてきたことから、近年のカードローンの返済方式では、借入残高によって返済額の変わる「残高スライド方式」が採り入れられています。

元利均等リボルビング払いの特徴

元利均等リボルビング払いでは借入残高に関わらず、返済額は変わりません。

例えば、返済額を5,000円とした場合は毎月5,000円だけを支払えば良いということです。従って、5,000円の中に借入元金に対する返済分と利息分が含まれています。

仮に、10万円を金利18%で借入れた場合、1ヶ月後の利息は1,500円です。返済額が5,000円だとすると、5,000円の中身は借入元金返済分の3,500円と利息分の1,500円になります。

そして、元金が3,500円減るため、翌月の請求額は9万6,500円になり、同じ5,000円の返済額でも中身は、借入元金返済分が3,553円と増え、利息分は1,447円に減ります。

元利均等リボルビング払いの欠点

元利均等リボルビング払いの欠点が出るのは借入残高が大幅に増えた場合です。

例えば、金利18%で借入残高が20万円になると1ヶ月目の利息は3,000円になり、5,000円返済しても元金は2,000円しか減りません。

さらに、借入残高が30万円に膨れると1ヶ月目の利息は4,500円に増えるため、5,000円を返済してもたったの500円しか元金が減らなくなります。こうなると、いつまでたっても元金が減らず、利息だけを支払う形になります。

そこで、元利均等リボルビング払いの欠点を補うために採用されているのが、「残高スライド方式」です。

「残高スライド方式」は借入残高の増減に比例して返済額がスライド

残高スライド方式というのは、元利均等リボルビンビング方式をベースとしていますが、一定金額以上借入残高が増減すると、それに合わせて約定返済額がスライドするものです。

例えば、借入残高が10万円の場合の約定返済額は月4,000円ですが、借入残高が30万円に増えると約定返済額は月8,000円に上がり、さらに50万円に増えると月12,000円になります。このように約定返済額を増額することによって元金の減少を確保し、返済の長期化を防止しています。

ただし、借入残高が減ってくると約定返済額も減るため、返済を続けていくことに変わりはありません。

まとめ

カードローンの賢い利用方法というのはできる限り返済を早く終わらせ、余計な利息を取られないようにすることです。

そこで重要になるのが、毎月の定期返済の他に、繰上返済をすることです。繰上返済で支払った金額はすべて元金に充当されるため、利息の大幅な削減ができます。

カードローンはいつでも自由に繰上返済ができるシステムになっています。