カードローンのメリットとデメリット

近年、テレビを観ているとよくカードローンのCMが流れています。

そのため、カードローンを利用する人のハードルが低くなりつつあります。実際のところ「カードローンが気になるけど利用していない」「内容がわからなくて怖いから利用していない」という人も多くいると思います。

カードローンのメリット、デメリットを紹介したいと思います。

カードローンとは

まずカードローンとは、無担保でお金を借りることができるもののことを言います。

カードローンにはいくつか種類があり、細かく分けると3種類になります。低金利で借入額が大きい「銀行カードローン」、アコムやプロミスなど無利息サービスが売りの「消費者金融カードローン」、クレジットカードを発行している会社が出している「信販カードローン」です。

低金利を求めるなら銀行カードローンがいいですし、利便性を求めるなら消費者金融カードローンがいいでしょう。

カードローンのメリット

カードローンのメリットとしてあげられることは「使用用途が自由」ということです。

普通のローンだと、お金を借りる時には「お金の使い道に制限」があります。カードローンにはそのお金の使い道に制限がなく、使用用途が自由であることは大きなメリットになります。

もうひとつカードローンのメリットをあげるとするなら「無担保、無保証人」であることです。カードローンは、個人の信用だけでお金を借りることができるため、その日に借り入れすることができたりします。

他にも、コンビニATMで借入、返済をすることができたり、ネットで申し込みが簡単にできることがあげられます。

アコムの口コミや評判を見ると、多くのメリットを挙げているコメントが多くあります。

カードローンのデメリット

カードローンの最大のデメリットは「借金の感覚がなくなる」ことです。

先程も説明しましたが、コンビニのATMで簡単に借入することができるため、普通に自分の口座からお金を下ろす感覚で借入ができてしまいます。

そのため、借金しているという感覚がなく、借金に苦しむ人が多くいます。

もうひとつカードローンのデメリットをあげるとするなら「長期間借入してしまうと利息が多くなる」ことです。

銀行カードローンは少し金利が低めに設定されていますが、消費者金融のカードローンなどは金利が18%なので、非常に高いです。短期間借りるならいいのですが、長期間になるとそれだけ利息を多く払わなければならなくなります。

まとめ

カードローンにはメリットやデメリットが存在しているので、賢く利用することで非常に便利なローンになります。

特に「使用用途が自由」なことや「無担保、無保証人」でお金を借りることができたり、コンビニATMで簡単に借入することをメリットに感じる人も多くいると思います。

しかし、デメリットもあることを頭の隅にちゃんと置いて利用するようにしてください。